頬骨縮小

この手術は、軟組織を頬骨から分離する切開を最小限にし、患者の皮膚の弾力性と質感を考慮して骨の位置を調整し、術後、隙間が広がって頬が垂れないようにするためにしっかりと固定します。

手術時間

1時間

麻酔

全身麻酔

入院期間

日帰り手術

抜糸

術後7日目

回複

7日間

頬骨縮小とは

この手術は突出した頬骨を減らします。

頬骨がより突出しているほど、それが与える印象はより強く、粗いものになります。頬骨は、老化で頬が沈むにつれて、より突出して見えるかもしれません。
この手術は、L字型骨切り術によって頬骨をさらに減少させ、頬骨のねじれ運動に応じて側面および前部の頬骨を小さく見せ、自然なボリュームを整形します。

image
ヒント
1. 頬骨縮小手術が童顔手術と呼ばれる理由

加齢の始まる30代あたりから頬が垂れ頬が突出して見えるため、ときには20代の方でも老けて見えてしまうことがあります。
ビュークリニックは、個々の患者に対して個人の骨の大きさと皮膚の弾力性を考慮し、どのタイプの頬も効果的に縮小するように、減らす骨量を調整します。
さらに、術後の頬の垂みを予測することにより、術中に皮膚を少し高く固定して、より美しく若々しい顔にします。

2. 吸収性の留め具と留めネジで誰にも気付かれずに美しい頬骨を作ります。

この前顎手術では、切除した骨を集めてしっかりと固定します。ここで使う固定用の留め具と留めネジは人体に悪影響がないものですが、X線では識別することができます。
骨を固定する吸収性の留め具と留めネジは骨が完全に固定された後に消失するため、癒着不能のような問題が起こる可能性はありません。
ビューでは、手術に吸収性の留め具と留めネジを使うか、基本の留め具と留めネジを使うかの選択肢があります。吸収性のものが使えるかどうかは、コンサルティング後に最終決定します。

ビューの頬骨縮小の特徴

頬骨縮小

頬骨の前部だけでなく側部も減少させることにより、より大幅な縮小効果が得られます。

頬骨のボリューム

切り取られた頬骨は回転して内側に押し込まれ、45度の角度で自然なボリュームを整形します。

オーダーメイド

手術では、頬骨の大きさに応じて骨切除量を調節し、頬骨を顔と調和させて整形します。

頬のたるみの予防

私たちの、切開、固定、位置決めといった、頬の垂みを防止するための手術ノウハウで、頬骨を持ち上げて整形します。

手術の正確性と安全性を増した骨用メス
骨用メスは骨組織だけに反応して骨を切る超音波機器です。

この骨メスは、振動が0.5mm以内と少ないため、非常に正確な手術を可能にし、骨にのみ反応することで隣接した血管および神経を保護し、組織の損傷および出血を少なくし、迅速な回復をもたらします。

image

頬骨手術が必要となるケース

0101 自然なVラインをご希望の場合

02日常生活で目立たない卵型の顔をご希望の場合

03顎の側面および丸い前顎に大きな角度がある場合

04エラ張り手術を以前受けているが、Vラインを得られなかった場合

Before and after the surgery

手術前
頬骨縮小
手術後
banner

手術方法

Facial bone
1

口腔を切開することによって頬骨の前側の一部をL字型に切断します。
この時点で、突出した頬骨のサイズに応じて切断量を調整して頬骨のサイズを調整します。

Facial bone
2

骨片を取り除きます。
(ほとんどの場合、一定量の骨を除去しますが、頬骨が大きすぎない場合には、骨切り術だけを行います。)

Facial bone
3

頬骨の側面にあるアーチを、もみあげ周囲の頭皮の切開をすることで切り離します。

Facial bone
4

分離した頬骨を回転させて内側に置きます。

Facial bone
5

粗い縁の表面を削り、しっかりと留め具で固定します。

頬骨縮小における骨回転の原則

ビュークリニックの頬骨縮小手術は、骨を回転させて内側に置くことで、頬骨の前面および側面の縮小効果をもたらします。この手術方法は頬骨が前面および側面に向かってたるんでいる人に効果的です。
前面のバランス、45度の角度、および頬骨の側面は、頬骨の側面の骨切断量、動作範囲および回転範囲によって決まるため、専門医のノウハウが重要です。

bimaxillary osteotomy
ビュークリニックの頬骨縮小手術

頬骨の前面および側面の縮小

bimaxillary osteotomy
ビュークリニックの頬骨縮小手術

頬骨の前面および側面の縮小

ヒント

従来の頬骨縮小手術は、頬骨をI字型に切断し、分離した骨を内部に押し込むものです。
頬骨の内側に押し込まれた量によって頬骨の幅が縮小されますが、頬骨の前面の縮小はわずかです。したがって、この手術方法はあまり実施されていません。
しかし、頬骨の前面が平坦で、側方に頬骨が発達している患者にとっては良好な方法です。手術を実施する前には頬骨を正確に分析することが重要です。

ビュー・クリニックによる顔の輪郭矯正手術が注目を浴びている理由

1安全な手術で最高の結果を出している顔面骨のドリームチーム

満足度の高い結果

3名以上の整形外科医による協力
執刀医が直接行うコンサルティング

専用の手術計画とミスのない手術

徹底的な安全対策

常駐の麻酔医が手術計画から参加し、患者様が回復するまで担当します。
細動除去器、UPS、無菌手術システム

手術前の精密検査

手術後の特別治療

顔の輪郭矯正治療専門の治療科による浮腫み治療とスキンケア

提携歯科クリニックによる歯石除去と口内検査

2 手術の精度と安定性を高める3D CT

この3D CTは、人体にX線を照射し、コンピューター上で画像を再構成することにより、内部の状態を多次元画像で表示します。

既存のX線画像と異なり、この技術は3,000倍超の高い精度を発揮し、顔面骨のサイズ、位置、奥行き、長さ、幅を徹底的に分析するので、手術方法と範囲を含む専用の手術計画を作成することができます。

さらに、神経腺の位置を正確に把握することによって安全な手術を実施し、神経の損傷を防ぎます。

出血、感染症、炎症といった手術後によく見られる合併症は、患者様によって症状が異なりますので、ご注意下さい。