ドール・ライン® (Vライン)

エラが角張っている顎の体積を縮小し、前顎の長さと幅を調整して、どの角度から見ても人形のようなVラインの顔型を作ります。

手術時間

2時間

麻酔

全身麻酔

入院期間

1日

抜糸

術後7日目

回復期間

7日間

ドール・ライン® (Vライン)とは

どの角度から見ても人形のようなスリムで完璧なVライン! ドール・ライン® (Vライン)手術では、エラ張りと前顎の手術を同時に行います。

既存のエラ張り手術では、耳の下側の幅広く角張った顎しか変えられず、(輪郭の)ぼんやりとした下顎の形が残ってしまうのが欠点です。

一方、ドール・ライン®手術は、前顎の長さと幅を縮小し、顎先へと続く完璧なVラインを整形することができます。

image
bimaxillary osteotomy

手術前

bimaxillary osteotomy

エラ張り手術後

bimaxillary osteotomy

ドール・ライン®手術後

ドール・ライン®の商標権とサービス権

ドール・ライン®は、長期間の研究と豊富な臨床経験によるブランドです。同ブランドは、韓国知的財産庁から商標権とサービス権を取得しています。

image

ビューのドール・ライン®手術の特色

正面顔の美しさ

前顎の幅とエラ張り部分の体積を縮小し、スリムでほっそりとした正面顔を整形します。

横顔も改善

エラ張り部分の幅を縮小し、滑らかに前顎へとつながる横顔ラインを整形します。

迅速な回復

ミスのない手術計画により手術時間を短縮し、出血を少量に抑え、迅速に回復させます。

神経の損傷を軽減

3D CTが神経路を識別し、神経の損傷を最小限に抑えます。

正確性を高める骨用メス
この骨用メスは、骨組織にのみ反応することで骨を切除する超音波装置です。

振動が0.5mm以内と小さく、非常に精度の高い手術を実現できるほか、骨にのみ反応することで周辺の血管と神経を守り、組織の損傷や出血を抑えて迅速に回復させます。

image

ドール・ライン®手術が必要となるケース

01顎先までのスリムではっきりとしたVラインをご希望の場合

02写真映えのする顔をご希望の場合

03横顎の角度が大きく、前顎に丸みがある場合

04骨の発達のせいで年齢より老けて見られる場合

手術前後の変化

手術前
Vライン
手術後
bimaxillary osteotomy

手術方法

bimaxillary osteotomy
1
長曲線切除
横顎部分を縮小

耳の下側部分から口元までの長い曲線について、突き出ている部分を切除します。

bimaxillary osteotomy
2
皮質骨切除
顎の体積を縮小

外皮質骨のうち一層のみを慎重に切除し、顔の体積を縮小します。

bimaxillary osteotomy
3
T型骨切り術
前顎の幅を縮小

顎先をT型に切って中間の骨を除去し、残りの骨を集めて適切な位置に固定します。この時点では、神経腺を考慮しつつ、できるだけ骨を切除して、よりスリムな顎のラインを作ります。

bimaxillary osteotomy
4
筋肉縮小
顎の体積を縮小

小さな医療用針を使って口腔から高周波を放射し、筋肉の一部を燃焼させて縮小します。

bimaxillary osteotomy
5
顔の深層脂肪を除去
顎の体積を縮小

口腔を通じて頬周辺の余分な脂肪を除去します。

ビュー・クリニックによる顔の輪郭矯正手術が注目を浴びている理由

1安全な手術で最高の結果を出している顔面骨のドリームチーム

満足度の高い結果

3名以上の整形外科医による協力
執刀医が直接行うコンサルティング

専用の手術計画とミスのない手術

徹底的な安全対策

常駐の麻酔医が手術計画から参加し、患者様が回復するまで担当します。
細動除去器、UPS、無菌手術システム

手術前の精密検査

手術後の特別治療

顔の輪郭矯正治療専門の治療科による浮腫み治療とスキンケア

提携歯科クリニックによる歯石除去と口内検査

2 手術の精度と安定性を高める3D CT

この3D CTは、人体にX線を照射し、コンピューター上で画像を再構成することにより、内部の状態を多次元画像で表示します。

既存のX線画像と異なり、この技術は3,000倍超の高い精度を発揮し、顔面骨のサイズ、位置、奥行き、長さ、幅を徹底的に分析するので、手術方法と範囲を含む専用の手術計画を作成することができます。

さらに、神経腺の位置を正確に把握することによって安全な手術を実施し、神経の損傷を防ぎます。

出血、感染症、炎症といった手術後によく見られる合併症は、患者様によって症状が異なりますので、ご注意下さい。