よくある質問

ビュー美容外科病院は、最高の治療をお約束します。

よくある質問

わし鼻の特徴は高く、大きいことですが、鼻中隔軟骨が成長し過ぎていると、鼻が片側に傾いて見えることもあります。また、鼻柱が非常に突き出ていることから、鼻先が垂れ下がっているように見えることもあります。通常、当院の手術では鼻の骨を砕いて中央に置き、鼻と鼻先を同時に矯正します。

鼻がカギ状の方は、鼻の高い人がほとんどです。したがって、鼻柱の出っ張っている部分を縮小後、鼻先を持ち上げるだけで鼻を改善できます。

鼻柱の幅が広い方の場合、幅を狭めることができます。平均的な鼻形成術よりも複雑になるものの、経験豊富な外科医が、患者様にご満足いただける結果を出すでしょう。

慢性の鼻炎や副鼻腔炎を患っている患者様の半分以上に、鼻中隔湾曲があります。

鼻孔を仕切る鼻中隔軟骨が曲がっている場合、その気道によって呼吸が困難になる場合があり、深刻な鼻炎や感染症につながる恐れもあります。これが鼻中隔湾曲です。外から見たときに鼻が曲がっているかどうかにかかわらず、鼻が湾曲しているようでしたら、その中隔に問題が生じている可能性があります。できるだけ早く矯正治療を受けるのが一番です。

冷たい顔立ちにより、20年間も「悪い魔女」と呼ばれていた女性。彼女の人生が今ではどのように変わったか、見ていくことにしましょう。

常にそうなるわけではありません。時には骨が再生し、その一部が元に戻ることもありますが、骨の破砕が正しく行われていれば、これを完全に予防することができます。

わし鼻には緻密で複雑な手術が必要になりますので、患者様がボトックスや詰め物でわし鼻を治そうとすると、出っ張った部分が元に戻る可能性もあります。だからこそ、正確な診断と手術法を選択しなければいけないのです。

わずかな出っ張りの場合を除き、骨の破砕はより効果的です。鼻骨の破砕には多くの方が抵抗を覚えるものですが、出っ張った部分が元に戻るのを防ぐためには、これが正しい解決策なのです。わし鼻については、成長し過ぎた骨と軟骨を除去する必要があり、幅の広い鼻柱は狭めなくてはいけません。

鼻骨の破砕は、少しも怖くありません。鼻骨には血管や神経がほとんどないので、経験豊富な外科医が執刀すれば、全身麻酔なしで手術を行い、安全で良好な結果を出すことが可能です。

尖った鼻のせいで、苦労しているように見えた女性。彼女の変身を見ていくことにしましょう。

短い鼻と違い、矢じりの形をした鼻には、下垂した鼻中隔軟骨や鼻翼があります。だからこそ、鼻先の矯正だけでスリムな鼻にすることができるのです。鼻の構造を変えなければいけないので、詰め物の注入や軟骨移植だけでは役に立たない場合もあります。