ビュー両顎手術

ナノ上下顎骨切り術™(ビュー両顎手術)

既存の両顎手術は、骨の動き(長さ、mm)を考慮するだけですが、私たちの手術では、自然な外観を作るために骨の回転角の誤差(角度)をも考慮して手術を行います。

ナノ上下顎骨切り術(ビュー両顎手術)とは

ナノ上下顎骨切り術(ビュー両顎手術)の特徴

ビュー美容外科クリニックのナノ上下顎骨切り術™は、専門医による豊富な経験と長期にわたる研究を通して両顎手術の専門知識と経験をアップグレードさせたものであり、独自の手技と安全性を高めることで技術を向上させ、審美的効果を最大限に引き出す第4世代の両顎手術です。

正確な計画を立てることで、骨の回転や動きのほんのわずかな誤差もなく、安全に繊細な顔面手術を行うことができます。その結果、きれいな歯列と自然な顔の表情が得られます。

手術の正確性と安全性を増した骨用メス
骨用メスは骨組織だけに反応して骨を切る超音波機器です。

この骨メスは、振動が0.5mm以内と少ないため、非常に正確な手術を可能にし、骨にのみ反応することで隣接した血管および神経を保護し、組織の損傷および出血を少なくし、迅速な回復をもたらします。

image

ナノ上下顎骨切り術™ あなたの表情を自然にする理由です!

ポイント11mmと1度のわずかな誤差もない抜群の精度

上下骨切り術は、上下の顎を動かすことによって顔の骨格全体を変化させるため、わずかな誤差もない正確な計画と正確な手術によって決まります。
誤差のない正確な計画に基づいた正確な手術は、歯のない人のような不自然さを解消し、自然な外観をつくります。機能的側面からは、顎関節に圧力をかけることなく、正確でバランスのいい歯の噛み合わせをつくることができます。

ポイント2咬合平面を回転させるため、スリムな顔のラインと自然な外観をつくります

ビュー美容外科クリニックのナノ上下顎骨切り術™は、咬合平面を回転させて、美しい歯列をともなった、よりスリムな顔のラインと自然な外観を整形します。
さらに、クリニックでは、患者の症状に応じて下顎骨(下顎)手術のために、下顎枝矢状分割術(SSRO)または下顎枝垂直骨切り術(IVRO)のいずれかを選択します。
bimaxillary osteotomy
1

クリニックは個々の患者の症状を分析し、切断する部位を決めます。

bimaxillary osteotomy
2

咬合平面を回転させて上顎を回転し、正確な位置に移動します。

bimaxillary osteotomy
3

下顎を切断し(下顎手術)、上顎との咬合のために適切な位置に移動します。

bimaxillary osteotomy
4

骨片を動かないようにしっかりと固定します。

ヒント
image
咬合平面の回転とは

顎の先端を回転させて上下の顎を押し込んで正しい位置に移動させる技術を指します。
骨を切断した上顎を回転させて上に押しあげると下顎が自動的上がる一方、下顎がより内側に押し込まれ、よりスリムな顔の形と美しい歯列をともなった自然な表情を作ります。

ポイント3安全性に基づく美を実現する顔面骨のドリームチーム

ビュークリニックの上下顎骨切り術を行う顔面骨のドリームチームは美容整形外科、歯科クリニック(提携医療機関)、麻酔科、および顔面骨をケアする部門の医療専門家で構成されています。
顔面骨のドリームチームの協力は、1mm、1度の誤差もない正確な計画および正確な手術を実現するために非常に重要です。
顔面骨のドリームチーム

顔面骨のドリームチームは、美容整形外科、歯科クリニック(提携医療機関)、および麻酔科の専門医が共同して、安全で最高の結果をもたらす手術を計画し実行するビュー美容外科クリニックの独特なシステムです。
このチームにより、顎関節の咬合および機能がさらに改善され、審美的観点からもより理想的な結果となります。上下顎骨切り術および輪郭手術が必要な場合、歯科クリニック(提携医療機関)および外科部門は、それぞれの分野を担当し、美容外科手術の専門性を高めます。
さらに、麻酔医が計画段階から参加し、予期せぬ状況を予測し、安全な手術を行うために患者を徹底的にモニターします。
顔面骨ケアの専門家よる徹底したフォローアップケアは、術後のより速い回復と美しい結果を促します。

3 顔面骨のドリームチームが行う3つのステップはナノ上下顎骨切り術™を完璧なものにします。

image

ステップ1

1安全で美しい結果をもたらす正確な計画をたてます

美容整形外科、歯科クリニック(提携医療機関)、および麻酔科の専門医が一人の患者のために共同して手術計画を立てます。
上下顎骨切り術は顔面手術ですが、人の視線をとらえるのは軟組織です。
したがって、軟組織(皮膚、筋肉、脂肪)の量を正確に理解していることにより患者の満足度が増します。
美容整形外科医は審美的計画に、歯科クリニック(提携医療機関) はウエハーの作製、術後の歯列矯正および歯の機能関連分野に、そして麻酔部門は術中の安全確保に責任を持ちます。

image

ステップ2

2手術は各分野の専門医が正確に、かつ直接行います

患者によっては、下顎が突き出ている場合、、顔面が縦に長いまたは非対称の場合、上下顎骨切り術後でも顔面の左右がまだ不均衡である、または下顎が通常より長い場合があります。
この理由から、上下顎骨切り術および 顔の輪郭矯正術が一緒に行われる症例が多くあります。
各分野の専門医は、上下顎骨切り術のために、それぞれの分野に特化した処置を行うことによって、それぞれの分野の専門性を高めました。

image

ステップ3

3顔面骨の専用ケアを計画します

ビュー美容外科クリニックは、マッサージ、超音波治療、およびIR治療計画など、オーダーメイドのケアを提供するために顔面骨の専用ケアチームを組織化しました。
系統だった徹底的なフォローアップケアは腫れを最小限に抑え、迅速な回復を促し、手術の結果に影響を与えます。

第4世代手術の違いとは

顎機能の改善
顎機能の改善
+
審美的目的
審美的側面の改善
(上下顎骨切り術、
および顔の輪郭矯正術)
ナノ上下顎骨切り術
顎機能の改善、および最大限
に引き出された審美的効果
第1世代

第1世代の両顎手術は上顎と下顎に正常な位置から8〜10mmのずれがある重度の不正咬合に対して行われました。
目的はずれた歯列を矯正することで咀嚼機能を改善することでした。
この理由のため、手術は主に大学病院の歯科部門(口腔外科部門)よって行われていました。

第2世代

第2世代の両顎手術は、正しい位置からずれた両方の顎の位置を再調整することにより、咀嚼機能および外観を改善するために広く行われました。その両顎手術は機能的および審美的目的で発達しました。
両顎手術が歯科クリニックだけでなく美容整形外科クリニックでも行われ始めた時でした。

第3世代

第3世代の両顎手術は、両顎の調整を超えて、同時に顔のラインを整えることで審美的な側面が増しました。
突き出た下顎、過度に発達した下顎のために縦に長い顔面、または非対称の顔面である場合に両顎術を行っても顔輪郭に不自然さが残る症例があります。
したがって、顔の輪郭矯正術を同時に行い、患者の表情を劇的に改善しました。
第3世代の両顎手術から、美容整形外科と歯科クリニックの間に協力システムができ、共同して手術計画を立てるようになりました。

第4世代

第4世代の両顎手術は、顎の手術計画段階からの協力体制のもと、顎の機能の改善とともに審美的な効果を最大化するナノ上下顎骨切り術に発展しました。
全く誤差のない正確な計画と手術は顎の機能と審美的側面を改善しました。
顎の手術計画段階からの協力体制のもと、顎の機能の改善とともに審美的な効果を最大化するナノ上下顎骨切り術に発展しました。
美容整形外科クリニックおよび歯科クリニック(提携医療機関)の協力により、ウエハーの作製および術後の歯列矯正にも責任を持っています。正確な計画と誤差のない手術は、咬合、顔面骨の再調整に加えて、機能的および審美的な改善のために突出している顔のラインを滑らかにすることを目的としています。
したがって、手術で正確な咬合、顔面骨の再調整および滑らかな顔のラインができます。

ビュー美容外科による両顎手術が注目を浴びている理由

1顔面骨のドリームチーム

美容外科

歯科クリニック(提携)

麻酔科

治療科

2ワンストップ治療

ワンストップ治療システムとは、コンサルティング、手術、矯正から不フォローアップケアまでのすべてをビュー美容外科クリニックとその提携医療機関である歯科クリニックで取り扱っているということです。

3迅速な固定

迅速な固定とは2~3日の短期間の固定で顎関節がより安定した位置に収まるように促すことです。
顎関節は顎が自由に動かせるように、そして快適な呼吸、食事、会話のために金属ワイヤではなく、ラバーバンドで固定します

bimaxillary osteotomy
43D CTは正確性および安全性の両方を満たしています。

顔面骨手術中は、良好な視界を確保することが困難であるため、神経腺の位置を正確に特定し、骨構造(サイズ、幅、厚さ、長さ)を理解することが重要です。

ビュー美容外科クリニックは、骨の構造や神経腺の位置を正確に識別し、顎の機能と審美的な問題を効果的に解決し、安全な手術によって神経損傷を最小限に抑えるために、3D解析用の

image
5手術の結果を予測する3Dモルフェウスによる仮想手術シミュレーション

 

モルフェウス3Dは顔の情報をスキャンし、術後の顔貌を予測し、最先端の3Dシミュレーションによる3D画像を表示します。

モルフェウス3は0.1mm未満の誤差でイメージを正確に撮影し、科学的に3D顔面画像を比較することで進捗状況を評価し、必要な場合は効果的に手術を変更することができます。

こうすることで、医師と患者の双方がより正確な手術のための手術目標を共有することができます。

*LEDライトは人体に無害です。

image
6安全装置システム

ビュー美容外科クリニックには、安全で信頼のおける手術のために必要なさまざまな安全装置があります。
さらに、安全性を高めるために麻酔医が手術の計画段階から参加しています。

7地方や外国にいる患者のためのワンストップ歯列矯正
image

コンサルティング

image

診断

image

歯列矯正用ブリッジの作製

image

歯列矯正用ブリッジの付け方の訓練