+82-10-2411-7174jp@viewclinic.com

お問い合わせ

輪郭手術

ドールライン(Vライン)

ドールライン(Vライン)

角ばったエラのボリュームダウンと同時に前顎の長さや幅を整え
どの角度から見てもシャープで人形のようなVラインに仕上げます。

  • 手術時間

    2時間

  • 麻酔方法

    全身麻酔

  • 入院有無

    1日

  • 抜糸

    7 日後

  • 日常生活

    14 日後

  • ドールライン(Vライン)とは?

    どの角度から見てもシャープで人形のようなVライン! ドールライン(Vライン)手術は、エラ+前顎を同時に手術することを言います。 既存のエラの手術は広く角ばった耳の下のエラだけに変化を与えるため、 丸い顎の形がそのまま残るという短所がありました。ドールラインは前顎の 長さと幅を一緒に縮小させるため顎先まで完璧なVラインが作れます。

  • 手術前

  • エラ手術後

  • ドールライン手術後

ドールライン商標及びサービス権取得

ドールラインは長年に渡る研究と豊富な臨床経験を基に作られた
ブランドとして、特許庁から商標とサービス権を取得しました。

ドールライン手術の特徴
  • 正面効果↑

    前顎の幅とエラの体積を最大限縮小し 滑らかでシャープな正面顔に整形

  • 側面効果↑

    エラの幅を縮小し前顎まで滑らかに繋がるサイドラインを形成

  • 早期回復↑

    計画通りの手術で 手術時間を短縮し出血量を抑えて早期回復をサポート

  • 神経損傷

    3DCTを通じ 神経の移動経路を把握し神経損傷を最小化

手術の精密性と精度を高めるボーンスカルペル
ボーンスカルペルは骨組織(骨)にだけ反応し骨を切削する超音波装備です。

0.5mm以内の振動で精密な手術が可能となり、骨にだけ反応するため周辺の
血管や神経などを保護することで組織損傷や出血を抑えて早期回復に繋げます。

こんな方におすすめ
  • 01.

    顎先までのシャープなVラインにしたい

  • 02.

    写真写りの良い輪郭にしたい

  • 03.

    横顎の角張りが酷く前顎が丸い

  • 04.

    骨格の発達で年より老けて
    見られる

手術前後
Vライン
手術方法
  • 01.
    長曲線切除

    横顎の面積縮小耳の下から口角部分までの下顎を長く曲線形に切除
    します。

  • 02.
    皮質骨切除

    顎の体積縮小骨の外側の外皮質骨一層だけを繊細に切除して顔の
    ボリューム感を縮小します。

  • 03.
    T切骨

    前顎の横幅縮小顎先を‘T’字に切骨し中央の骨を除去した後、残りの
    骨を寄せ集め適切な位置で固定します。この時、神経の
    位置を考慮し骨を最大限切除して最もシャープになる
    よう整えます。

  • 04.
    筋肉縮小術

    顎の体積縮小小さい医療用針を利用し口内に高周波を流して筋肉の
    一部を燃やし縮小します。

  • 05.
    バッカルファット除去

    顎の体積縮小口内を通じ頬周辺の肥大した脂肪を除去します。

ビュー美容外科の輪郭手術が注目されるワケ
1. 完璧な結果を具現化させるための顔骨ドリームチーム
  • 満足の結果

    各分野別専門医による協診システム
    手術執刀医による直接カウンセリング
    カスタムメイド手術計画と
    誤差のない手術進行

  • 徹底した安全への備え

    麻酔専門医が手術計画から
    参加し回復までケア
    除細動器、UPS自家発電機、
    無菌手術システム手術前の精密検査

  • 手術後の特殊ケア

    輪郭専担管理部の
    腫れケアと肌管理

2. 手術の正確性と安全性を高める3DCT

3DCTは人体にX線を投影し、コンピューターで再構成して内部の状態を立体的な映像で表す機械です。
既存のX-rayの写真と異なり3千倍以上の正確性を誇り、顔骨の大きさ・位置・深さ・長さ・広さなどを多角度から精密に分析でき、
これを土台に手術方法や範囲などを個別に樹立します。また、正確に神経の位置を把握し神経損傷を予防する安全な手術を行います。

輪郭専門ケア

輪郭専門ケア

専門管理部による早期回復のための
アフターケア

  • 早期回復

    早期回復のための腫れケア

  • 清潔な皮膚管理

    清潔な皮膚管理のためのマッサージ

  • 口腔内検診

    口腔検診とスケーリング

輪郭専門ケア
  • 継続的なフィードバック

    担当の医療スタッフによる細やかな経過チェック

  • 専門管理部によるケア

    専門管理部による体系的なアフターケア

  • 超音波ケア

    血液循環及びコラーゲン再生促進、腫れ緩和

  • シャンプーケア

    シャンプーにより衛生管理