+82-10-2411-7174jp@viewclinic.com

お問い合わせ

輪郭手術

頬骨縮小術

頬骨縮小術

骨の軟部組織を分離する剝離を最小化、患者個人の皮膚弾力
及び肌タイプを考慮し固定位置を調節することで、手術後、
骨が開かないようしっかりと固定し頬のたるみを予防します。

  • 手術時間

    1時間

  • 麻酔方法

    全身麻酔

  • 入院有無

    当日退院

  • 抜糸

    7 日後

  • 日常生活

    7 日後

  • 頬骨縮小手術とは?
    突出した頬骨を縮小する手術です。

    頬骨が外側に大きく発達していると強い印象を与え、老化が進むほど頬の脂肪現象により 頬骨がより目立つ場合があります。このような頬骨をL字切骨を通じて縮小させることで頬骨の 突出が軽減されると同時に、切骨した頬骨をバランスを見て回転させ調整することで顔に 自然なボリュームが形成されます。

    頬骨手術が童顔整形と呼ばれる理由

    老化が進行する30代では皮膚が弛み頬骨がより目立つようになりますが、20代でも頬骨の突出で 老けてみられるのはこのためです。ビュー美容外科では、それぞれ異なる骨の大きさはもちろん肌の 弾力まで考慮し骨の縮小量を調節し、どのような頬骨でも効果的に縮小します。また、手術後の頬の 弛みを予め予測し手術時に皮膚を少し引き上げて固定することでより美しく若く見えるよう仕上げます。

VIEW 頬骨縮小術の特徴
  • 頬骨縮小

    頬骨を全体的に縮小し効果UP

  • 頬骨ボリューム

    骨を回転させることで自然とボリュームUP

  • パーソナルデザイン

    個人の頬骨の大きさに合わせ切除量を調節し顔と調和が取れる頬骨に整形

  • 頬の弛み予防

    剝離・固定・位置など頬の弛みを予防する手術のノーハウで弛みのない
    頬骨の完成

手術の精密性と精度を高めるボーンスカルペル
ボーンスカペルは骨組織(骨)にだけ反応し骨を切削する超音波装備です。

0.5mm以内の振動で精密な手術が可能となり、骨にだけ反応するため周辺の
血管や神経などを保護することで組織損傷や出血を抑えて早期回復に繋げます。

こんな方におすすめ
  • 01.

    瞼の皮膚が薄く、弾力があり、あまり弛みがない

  • 02.

    きつい印象に見られる

  • 03.

    老化により少しずつ頬骨が目立ってきた

  • 04.

    突出した頬骨で実際の年齢より老けて見られる

  • 05.

    頬骨の下が引っ込んでいて影ができる

手術前後
頬骨縮小
手術方法
  • 01.

    口内切開を通じ頬骨の一部をⅬ字型に切除します。
    この時、突出した頬骨の大きさにより切除量を調節して
    頬骨の大きさを調整します。

  • 02.

    切骨した骨を除去します。
    (大体一定量の骨を除去しますが、骨が大きくなく
    除去する必要がない場合には切骨のみ行います。)

  • 03.

    揉み上げ側頭皮切開を通じ頬骨のアーチ部分を
    切開して分離します。

  • 04.

    分離した頬骨を内側に回転させ配置します。

  • 05.

    境界面を滑らかに整えて固定ピンでしっかりと固定
    します。

頬骨縮小の回転原理

ビュー美容外科の頬骨手術は、頬骨を回転させて中に入れるため
前からもサイドからも 頬骨が縮小される効果があり、
両方向に頬骨が突出している方により効果的です。
骨の切除量・移動範囲・回転の程度により前方の頬骨・45度・横側の
頬骨の均衡感は 異なりますため専門医のノーハウが重要です。  

  • ビュー美容外科の頬骨手術

    前方・サイドの頬骨縮小 

  • 既存の頬骨手術

    サイドの頬骨縮小

既存の頬骨縮小術は頬骨を’I’字型に切除した後、骨を内側に入れる方法です。
骨が内側に移動した分サイドの頬骨の幅が減少する効果はありますが、前方の頬骨の縮小は わずかで、あまり行われない手術方法です。
しかし、前方の頬は平らでサイドの頬骨が発達した 患者の場合には効果的なため、頬骨について正確に分析し、
それぞれに合った手術方法を選ぶ ことが大切です。

ビュー美容外科の輪郭手術が注目されるワケ
1. 完璧な結果を具現化させるための顔骨ドリームチーム
  • 満足の結果

    各分野別専門医による協診システム
    手術執刀医による直接カウンセリング
    カスタムメイド手術計画と
    誤差のない手術進行

  • 徹底した安全への備え

    麻酔専門医が手術計画から
    参加し回復までケア
    除細動器、UPS自家発電機、
    無菌手術システム手術前の精密検査

  • 手術後の特殊ケア

    輪郭専担管理部の
    腫れケアと肌管理

2. 手術の正確性と安全性を高める3DCT

3DCTは人体にX線を投影し、コンピューターで再構成して内部の状態を立体的な映像で表す機械です。
既存のX-rayの写真と異なり3千倍以上の正確性を誇り、顔骨の大きさ・位置・深さ・長さ・広さなどを多角度から精密に分析でき、
これを土台に手術方法や範囲などを個別に樹立します。また、正確に神経の位置を把握し神経損傷を予防する安全な手術を行います。